BLOG

日々のブログを更新中。

  1. HOME
  2. Blog
  3. blog
  4. コワーキングスペースとは?使うメリットや向いている業種について

コワーキングスペースとは?使うメリットや向いている業種について

皆さんこんにちは、コワーキングスペースCOBACCO(コバコ)管理人の遠藤です。

コワーキングスペース関連についてガンガン発信してますが、そもそも興味ない方にとってはどういう意味?と思われるかもしれません。

この記事では、コワーキングスペースがどんなものかということに触れたうえで、どういう人、どういった業種の人が使うと良いのか、というところを書いてみたいと思います。今までコワーキングスペースを知らなかった人にも、『使ってみたいかも。。。』と思っていただければ幸いです。

 

コワーキングスペースとは?

Coworking space(コワーキングスペース)とは、簡単に言うと他者と共有する仕事場のことです。「co」は特定の意味を表す「接頭辞」の一つで、「共に」「共通」や「補助の」という意味があります。ここでいうところの『CO(コ)』は、working spaceの共有ということですね。

オフィスを共有することになるわけですが、共有することで何がいいのか?というおはなし。単純に自分と違った仕事をしている人もたくさん集まることになるので、お互いの知見や情報を交換したり、知り合いになったりすることができるため、家やカフェで仕事している時には難しい『繋がり』をつくることができます。

 

とは言え、そうでない場所ももちろんあります。似たような場所に『シェアオフィス』『レンタルオフィス』というものがありますが、こちらはどちらかというと個室や半個室の固定席になっていて、その名の通り『自分のオフィス』として利用する場合が多いです。

ただし、コワーキング、シェアオフィス、レンタルオフィスには明確な境目の定義がありません。その場所を作るオーナーさんの意向によって、形態が異なると思っています。固定席やブースを増やして仕事のしやすさやより快適なオフィス環境を整えることにフォーカスすれば、シェアオフィスになっていくと思います。さらにコワーキングスペースの中でも、一人一人が仕事をしやすい環境作りに力を入れるところもあれば、コミュニティ作りに力を入れているところもあります。本当に、オーナーによってその場所の色が変わるんですね。

 

 

誰が使うところ?

 

この記事を読んで、これまで全く興味がなかった方にも興味を持ってもらいたいと考えています。『あ、自分もちょっと使ってみようかな・・・』と思ってもらえればこの記事のゴールです。さっそくですが、どんな人が使えるのかについて書いていきたいと思います。

 

起業や独立をした方のスタートオフィスに

例えば会社を辞めて独立しようと思っている方。起業には様々な形態がありますが、オフィスや仕事場を必要とする業種は少なくないですよね。そういった方が独立したばかりで大きな固定費のかかるオフィスを構えることは結構ハードルが高かったりします。その点シェアオフィスは月々の会費も賃貸物件に比べたら格段に安いですし、家賃の半年分といった敷金も賃貸物件に比べたら格安な所がほとんどです。何よりもオフィスに最低限必要な通信環境やコピー機、FAXやフリードリンクなど、場所によりますが設備が整っていることが特徴のひとつです。

 

フリーランスのクリエイターやデザイナーなど

いわゆるPCで作業することが主な仕事となるフリーの方々です。クリエイター、デザイナー、ブロガー、WEBエンジニア、プログラマー、映像クリエイター、ライターさんなど、近年では様々な業種で活躍されている方がいます。そういった方にとっては、もちろん家にいようがどこにいようが仕事ができるということも大きなメリットではあるのですが、一つこういった拠点を持つことで仕事の仕方や幅が大きく変わると思います。それこそそこに来ている他のクリエイターと繋がることで、新たなプロジェクトを進めることだったできます。単純に家よりも仕事環境が整っているため、生産性の向上を図ることもできるでしょう。

 

副業利用や主婦の方など

最近では働き方改革によって、より柔軟に自分のワークスタイルをカスタムされている方も多くいるはずです。たとえば本業で会社員をやりながら、家ではライターやデザインの副業をしている、ですとか。休日を使ってYoutuberをして映像編集をしている人もたくさんいるのではないでしょうか。主婦の方がお子さんを保育園に預けたあとの隙間時間で、副業でブロガーをしている方もいると思います。そういった方々がより一層副業の質を上げるためにコワーキングスペースを利用するのもとても有意義な使い方だと考えます。提示に仕事が終わったら近くのコワーキングスペースによって2時間だけ自分の副業に充てたり、休日はこもって仕事に集中したり、使い方は様々ですが、自由に使えるという事がコワーキングやシェアオフィスの特徴です。

 

あなたはどのスタイルですか?こうやって見てみると、割と多くの人にとって使える場所であることが分かりますね。『働き方』にたいする考え方が大きく変わってきている近年です。より横の繋がりを作ったり、こういった場所を利用して新しい働き方に挑戦してみてはいかがですか?

Related posts